トップページ >栄養だよりトップページ>

トマトの栄養

2012年2月10日のニュースで京大の研究チームによって発表されたトマトが脂肪燃焼に効果ありという新発見が大々的に報じられました。このニュース以降、スーパーからトマトの姿が消えてしまったところもあるようです。今回は、このトマトのニュースとトマトの栄養についてお話しします。


トマトの脂肪燃焼効果とは

もともとトマトには油分の軽減や代謝の促進効果があると言われていた。トマトを多く摂取する欧州の8カ国でデータを取ったところ、動脈硬化が少ないなどの結果も出ていた。河田教授らはトマトの成分を細かく分け、ジュースや果実から脂肪を燃焼させる遺伝子を活性化する物質を探索。リノール酸の仲間である「13―oxo―ODA」という物質にその効能があることを突き止めた。 1日当たり、「13―oxo―ODA」を0・002グラム加えた計4グラムの高カロリーの餌を肥満マウスに4週間与え、中性脂肪量と血糖値を測定。高カロリーの餌だけを与えた肥満マウスと比較した。その結果、中性脂肪は血中と肝臓で共に約3割少なく、血糖値は約2割低くなった。肝臓での糖質の吸収が良くなり、血糖値も下がったとみられる。 河田教授によると、マウスが摂取した量は人間に換算すると「1食で生トマト2~3個」。成分が凝縮されるトマトジュースなら「1食200ミリリットルぐらい」という。ただ、トマトジュースには食塩を含んでいるものもあることから「ジュースは注意して飲んでほしい」と話している。
引用:スポニチ Sponichi Annex 2月15日付のニュースより

トマトの主成分リコピン

血液サラサラ
リコピンは、悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてダイエットしやすい体を作ってくれます。
痩せやすい体づくり
血糖値の上昇を緩やかにしてインシュリンの分泌量を抑制、脂肪細胞に糖を運ぶ量を抑えることが出来ると 言われています。
美白・美肌効果
活性酸素を除去し、シミ、そばかすをつくるメラニンの発生を抑制し、小じわや肌荒れなどの防止が期待できます。

グルタミン酸

タネの回りにあるゼリー状の部分に多いといわれ、トマトの旨みになっていますが、米ノースウェスタン大学で、グルタミン酸に血圧降下作用があることが確認されています。トマトを焼くと甘みが増しますので、グルタミン酸も多くなりますよ。

オスモチン

内臓脂肪が溜まると、脂肪細胞から出るホルモン『アディポネクチン』が減少することが知られています。アディポネクチンには動脈硬化を抑える作用の他に、脂肪や糖質の燃焼を促す作用があり、東京大学の門脇教授らは、トマトやジャガイモに含まれる『オスモチン』に、アディポネクチンを上回る作用があることを発見しています。

香川井下病院 栄養管理課

トップページ >栄養だよりトップページ>